マッサージを仕事にするには?


007241

「あん摩マッサージ指圧師」これが、マッサージ師の正式な名前です。

マッサージ師になるには、国家資格が必須です。

いくら知識と技術があっても、国家資格に合格して免許をもらわないことにはマッサージ師になることはできません。

マッサージ師と一括りに言いがちですが、整体や鍼灸は「あん摩マッサージ指圧師」とは全く違ってきます。

どのような進路で仕事がしたいかによって学ぶ専門学校も学科もコースも変わってきます。

進学前にしっかりと考えておきましょう。


・マッサージ師とそれ以外について

マッサージと、一重にいいますが、マッサージと鍼灸、カイロプラティック、整体、柔道整復師は全く違うものです。

国家資格を用いているのが、マッサージ師、鍼灸師、柔道整復師です。

国家資格を保持していないのが、整体やカイロプラティックです。

これらの職業は、国家資格を保有していないため、医療行為はできません。

あくまで、リラクゼーションが主体の施術しかすることができません。

その為、症状によっては臨機応変に施術を受ける場所を変える必要があります。

国家資格があるないで、効果や施術の幅も大きく変わってきます。


・マッサージ師になるのにはどうすればいいの?

大前提に国家資格を取得する必要があります。

国家資格を取得しておけば、マッサージ師は結構色々仕事の幅も広がります。

将来的に開業をしたいと思っている人は、国家資格を取得しておくことをオススメします。

では、国家資格を取るためにはどうすればいいのでしょう?

国家資格ですから、国が定めている養成所や専門学校に進学する必要があります。

そこを卒業し、国家資格に合格して初めてマッサージ師として認められます。

その為、進学先の学校を適当に決めてはいけません。

しっかりと、国家資格の受験資格を得ることができる学校を選択する必要があります。

折角通ったのに、国家資格試験の受験資格が貰えないなんてなったら本末転倒ですよね。


・マッサージ師の就職先

マッサージ師には色々な就職先があります。

国家資格があるかないかで、就職の幅は本当に大きく変わるからです。

独自で開業することもできれば、治療院や整骨院、病院、診療所への就職していく人も多いです。

マッサージ師になれば、医療的な分野でも仕事をしていくことができます。

また、別にリラクゼーション関係でも仕事をしていくことも可能です。

どの様な分野にいきたいかで就職先を決めるといいでしょう。

しかし、就職先の職業によっては、更に必要となる資格もあるので、その点は予め取得する必要があります。

これからは、高齢化社会となっていきます。

その様な現代社会で、マッサージ師の需要はまだまだ広がっていきます。

マッサージ師になるには、高額なお金が必要となってきます。

しかし、指定の養成所で勉強をしたほうがもちろん合格率が上がります。

後にしっかりと、就職をすれば、元は返ってくる職業だと思います。

マッサージの専門学校へはこのサイト